食べる

大分駅ビルに韓国屋台料理とプルコギ専門店 「本場の空気感と料理を大分で」

JR大分駅ビルにオープンした「ヒョンチャンプルコギJR大分シティ店」

JR大分駅ビルにオープンした「ヒョンチャンプルコギJR大分シティ店」

  • 36

  •  

 韓国屋台料理とプルコギの専門店「ヒョンチャンプルコギJR大分シティ店」(大分市要町、TEL 097-513-2850)が6月23日、アミュプラザおおいた1階の豊後にわさきいっぷく横丁にオープンする。

たれが決め手のプルコギ

[広告]

 広島県を中心に飲食店を展開する「グラットン」(広島県福山市)のフランチャイズ店。大分店は3店舗目で広島県外では初。福岡市の「タケノ」が運営する。

 メニューは料理・ドリンク合わせて約120種。看板メニューのプルコギ(1人前1,649円・注文は2人前から)とサムギョプサルセット(2人前2,859円)は広島では客の8割が注文するという。プルコギのたれは、パイナップルなど20種類以上の素材やスパイスを使い、甘みと酸味を出す。サムギョプサルの豚肉は1枚150グラムで厚さ約1センチ。一度も冷凍していない生肉を使う。

 屋台料理はヤンニョンカルビ(1,429円)、チャプチェ(879円)、チーズタッカルビ(769円)など。刺し身、チヂミ、冷麺、キンパ、ピビンパ、デザートも用意する。ドリンクは生ビール(中549円)、自家製漬け込みレモンサワー(549円)、マッコリ(439円)、韓国焼酎チャミスル(879円)など。

 コンセプトは「本場の空気感と料理を大分で」。内装や備品は韓国の大衆食堂のイメージで統一し、壁に貼ったメニューも韓国語で表示した。グラットン飲食事業部は「韓国に行った気分を味わってほしい」。

 席数はテーブル50席、カウンター6席。営業時間は11時~24時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース