見る・遊ぶ

別府タワー透き通る青に 「世界水の日」にライトアップ

青くライトアップされた別府タワー(3月22日20時10分撮影)

青くライトアップされた別府タワー(3月22日20時10分撮影)

  • 50

  •  

 別府観光のシンボル「別府タワー」(別府市北浜3)が「世界水の日」の3月22日夜、青くライトアップされた。

塔の上部が青色に

 途上国の水の衛生環境改善に取り組む国際NGO「ウォーターエイドジャパン」の水問題を啓発するキャンペーンの一環。日本では同日夕からアサヒグループの本社ビル(東京都)などが青く染まった。

[広告]

 別府では、キャンペーンに賛同した開世通商(別府市青山町8)が18時から翌1時まで、塔の上部に「青化粧」を施した。

 別府タワーは1957(昭和32)年に完成。東京タワーなどを手掛けた「塔博士」内藤多仲の設計。同氏による「タワー6兄弟」のうちの1つ。高さ90メートル。2007年に国登録有形文化財に指定。今年3月16日に開世通商が所有権を取得している。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース